放課後に居残って夜

調べたこと、気になったことなどをアーカイブする場所にしたい。 This is a place to throw a quick learn, study, and research of my random interests.

Diffie-Hellman

symmetricの方法では、スケーラビリティや鍵の交換(鍵をセキュアに交換しなければならない)などのdrawbackが存在する。その鍵の交換にアドレスしたのがDiffie-Hellman algorighm.  

メッセージをやりとりするAとB。それぞれ自身のPublic KeyとPrivate Keyを持っている。

まず、Public Keyを交換する。

次にAは、受け取ったBのPublic Keyと自分のPrivate Key (A)から、Diffie-Hellman algorithmを通してSymmetric Keyを生成。

そしてBは、受け取ったAのPublic Keyと自分のPrivate Key (B)から、Diffie-Hellman algorithmを通してSymmetric Keyを生成。

このように生成されたSymmetric Keyを使うことで、セキュアなメッセージがSymmetric Keyを使ってやりとりできるようになる。

 

というもの。

 

問題点:最初にPublic Keyを交換する際に、AuthenticationがないとMitMが発生する脆弱性がある。オリジナルのDiffie-Hellmanはこの脆弱性があったようだ。MQVはセッションキーを求めることでこの問題にアドレスする。またRSAも同様にアドレスしているようである。

 

続く。

広告を非表示にする